京劇について解説しています 株式会社CSC企画/京劇団

  • 会社概要
  • 関連リンク
  • サイトマップ

京劇とは?(解説)
中国を代表する総合的な舞台芸術

ホーム  >  イベント企画  >  京劇とは?(解説)
様式化された伝統の舞台芸術 唄と踊りで物語を紡ぐ京劇の世界
京劇のワンシーン

京劇200年以上の歴史を持つ中国を代表する総合的な舞台芸術です。京劇は大まかに言えば唄と踊りで物語を表現します。唄とは純粋な歌だけではな台詞も含み、踊りは立ち回り(殺陣)も含みます。それらは極度に様式化されていることも特徴です。良い京劇役者のことを‘文武双全’(文武ともによくできる)と言います。文劇をやらせればよく唄い、武劇をやらせればよく立ち回りを行うのです。

京劇のワンシーン

京劇演目紹介で演目の一部の動画もご覧になれますので、是非お楽しみください。

歴史

1790年、中国南方の4つの地方劇が北京に進出し、もともとあった北京の演劇とそれらが切磋琢磨され京劇が形成されました。1800年代の時代の争乱の中、西太后の厚い庇護を受けつつ、北京独自の演劇として発展してきました。その後、社会の幅広い階層に支持され全国に広まっていきました。

200年の歴史の中で様々な名優が誕生し京劇を盛り上げ、中でも「梅蘭芳(メイ・ランファン)」は日本人も知る国際的な名声を得ています。

近代においては、文化大革命での弾圧を受けるなどして停滞もありましたが、その後は、中国の伝統的な文化芸術として見直され「国劇」と呼ばれるに至りました。

役柄

京劇の中の役柄は、生(ション)・旦(ダン)・浄(ジン)・互(チョウ)の4つに大きく分けられます。

生(ション)

生(ション)の例

男性の立役で、老生(ラオション)は長いひげを着ける中高年の男性役、小生(シャオション)は若い男性役、武生(ウーション)は立ち回りの男性役になっています。

化粧:文人役は、眉間を半円に描き、武将役は眉間を矢じり方に描きます。ベースはオレンジに近い肌色、目元と眉間をオレンジ系にし、老け役は顔色も薄く化粧します。

旦(ダン)

旦(ダン)の例

女性の役。もとは、女形でしたが、現代では女性が演じるようになっています。青衣(チンイー)は貞淑な女性役、花旦(ホウダン)は、おてんばな娘役、武旦(ウーダン)は立ち回りの女性役となっています。

化粧:額、鼻筋、あごのTゾーンは真っ白にし、ベースはピンク、目元は赤系に化粧します。若者や花旦は濃い赤にします。

浄(ジン)

浄(ジン)の例

凶暴な性格の男性役。悪人とは限らず、エネルギーの強い役となっています。

化粧:原色でケバケバシイ色に顔全体を化粧します。色にはそれぞれ意味があり、赤は「忠義」、黒は「実直」、青は「勇猛」、緑は「義侠」、黄は「乱暴」、白は「腹黒」、金・銀は「神仙」を表します。

丑(チョウ)

丑(チョウ)

道化役、または、ずるがしこい卑劣な役でもあります。

化粧:顔全体より小さく鼻を中心に白く化粧します。

衣裳

衣装展の様子

京劇の舞台衣装全般(服、被り物、靴)は中国の封建社会をベースにして、人物の身分、地位、年齢、などの特徴を表しています。

色彩は、黄、赤、緑、白、黒の「上五色(正五色)」そして、紫、青、ピンク、薄緑、茶の「下五色(副色)」の十色が使われており、人物の身分、地位、年齢などに明確に表され、また、人物の性格を際立たせています。布地の刺繍によっても人物の身分や地位を表しています。

原色をふんだんに使い、金糸銀糸で刺繍された模様がちりばめられた京劇の衣装、その豪華絢爛ぶりに目を奪われることでしょう。

CSC企画では京劇衣装の貸出も行っております。

楽器

楽器は、打楽器、弦楽器、管楽器からなっています。打楽器のメインは「鼓板(ツハン)」で、鼓師は指揮者であり、音楽だけではなく音によって芝居で大切な「間(マ)」とリズムを作る重要な役割も受け持っています。弦楽器のメインは「京胡」となっています。

京胡

京胡

京胡:京劇の主要な伴奏楽器で、京胡の奏者は単皮鼓の鼓師とともにリーダー格。琴筒は竹で作られている。琴弓は馬の尾の毛。音は京二胡より高い。

単皮鼓と板(檀板)

単皮鼓と板(檀板)

単皮鼓と板(檀板):楽隊の指揮の作用をする。この楽器を担当する鼓師になるためには、役者と同じ年数の教育を必要とする。

大堂鼓/小堂鼓

大堂鼓/小堂鼓

大堂鼓(右):花盆鼓とも呼ばれる。戦争の場面や曲牌の伴奏などに使われる。表は牛の皮。
小堂鼓(左):打楽器で、しばしば単皮鼓の鼓師が一人で担当するが、戦争の場面では楽隊の一人が加わる。両面に牛の皮を張る。

笙:管楽器で、伴奏の補助楽器。息を吸うときも吐くときも音が出る。

大鑼/小鑼

大鑼/小鑼

大鑼(右):銅製で小さいほどレベルが高くなる。通常直径30センチほどのものを使う
小鑼(左):銅製。左手で小鑼を持ち、右手に持った鑼板(約20センチの木片)で小鑼の真ん中を打って鳴らす。

鐃はち

鐃はち

鐃はち:銅製で、真ん中の突起した部分に紐が通してあり、両手で一枚ずつ持ってシンバルのように打ち鳴らす。

笛(笛子)/哨吶

笛(笛子)/哨吶

笛(笛子)(右):管楽器で、曲牌の伴奏の主要楽器。竹製。
哨吶(左):管楽器で、舞台の雰囲気作りや曲牌の伴奏に使う。人や動物の鳴き声として使われることもある。